志村医院 浦和区,浦和駅,さいたま,本太,母の会,仲本,前地,太田窪,東仲町,大谷場,原山,北浦和,常盤,駒場,瀬ヶ崎,大東 内科,消化器内科,胃腸科,小児科  胃カメラ、大腸カメラ、健康診断、在宅診療(往診)、外科(けが等)

施設、設備など

院内の様子や設備等をご紹介します。

外観

 

入口はこちらです。中にエレベーターがありますので、2階へお進みください。

当院はバリアフリーです。車いすの方も安心してご来院下さい。

駐車場5台分、駐輪場があります。

 

院内

受付

 

 

 こちらが受付になります。奥へお進みください。

 

待合室

 

 

 奥に畳のスペースを用意しました。気軽にお座りいただける”タタミスペース”をご利用ください。

診察

 

電子カルテ、画像サーバー等導入しております。ベットサイドの超音波(エコー)は、腹部の精査(肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、膀胱、前立腺等)、頸動脈のプラーク(コレステロールのコブのようなもの)の観察に有効です。

 

検査、診療機器など

超音波診断装置(エコー)

東芝製の最新のデジタルエコー(Viamo)を導入しております。ドップラー(血流の測定)の検査も可能で、頸部から腹部、体表面まで、いろいろな検査に有用です。人体への負担が少なく、痛み等の全くない検査ですが、いろいろな情報が得られます。

頸動脈エコーは、動脈硬化の診断に使用します。体の中の動脈の代表として頸動脈を検査し、動脈硬化の程度、プラーク(コレステロールのこぶ)の有無、状態を観察し、治療に役立てて行きます。

腹部エコーは、肝臓、膵臓、胆嚢、腎臓、脾臓、膀胱、子宮、前立腺等の状態を検査する装置です。同時に、腹水、胸水等の診断も可能です。肝臓の状態、胆石、腎結石、前立腺肥大等の診断に役立てて行きます。

胃内視鏡(胃カメラ)、大腸内視鏡(大腸カメラ)

当院では、オリンパス製の最新の内視鏡システムを導入しております。NBIと言う、光のコントロールにより粘膜の微細な変化を観察できるシステムがあり、食道癌、胃癌の早期診断に非常に有用です。

胃カメラは、径鼻内視鏡(鼻からの内視鏡)も行える、細径のスコープを使用します。以前の検査で”辛かった”方は、鎮静剤の併用でも検査を行う事が出来ます。眠っている間に終わる ”らくちん胃カメラ” です。不安がある方は、ぜひご相談ください。

大腸カメラは、大学病院の国際内視鏡センター等での経験を生かし、無送気直線的挿入法を行い、腸に負担をかけず、痛みの少ない検査を行っております。また、腸内の観察時は、炭酸ガス送気装置を使用し、施行後のお腹の張りを抑える事ができます。

大学病院、救急病院等で数多くの検査、治療を経験して参りました。心配な事がございましたら、お気軽にご相談ください。

オリンパス製内視鏡自動洗浄機導入

感染症対策として、一回の検査が終わるごと、アセサイドを用いたオリンパス製の自動洗浄機を用い、日本消化器内視鏡学会の基準に沿った消毒処理を行っております。

デジタルレントゲン装置

フイルムのないデジタルのレントゲン装置を使用しております。取った画像は、すぐに診察室で見る事が可能ですので、画像をお見せしながら説明をさせて頂きます。

インフエンザ、A群β溶連菌、アデノウイルスの診断

富士フィルム社製 富士ドライケムIMMUNO AG1を導入しております。インフルエンザでは、他の検査法では結果が出ない感染初期から診断が可能です。

A群β溶連菌、アデノウイルスの診断も迅速に行う事が出来ます。

画像処理システム

内視鏡検査、心電図、レントゲン、頸動脈エコー、腹部エコー等、当院で施行した検査はすべて、画像サーバーで管理し、その画像を診察室でご本人にお見せしながら、分かりやすく説明を行っております。

 

 

併設する施設など




更新日:2017-02-23